どうすればいい?大人のADHD

ADHDの人に役立つグッズ(小物)の紹介

 

ADHDである人、もしくはその傾向に見られる人は普段の生活で気を配らなければならない場面が多く存在しています。
このページでは、そういった人達にとって持っていた方が役立つと思われる小物、グッズ類を紹介しています。

 

メモ帳

 

 

おぼえておきたい話や事柄、大切な約束など...とにかく即メモ帳に書く癖をつけることでADHDの人にありがちな「うっかり忘れ」の頻度を減らすことが出来ます。
大切なのは一日の終わり、もしくは決められた時間にメモ帳を読み返すこと。
日々の習慣として義務つけておけば、後々の記録整理にも役立ちますし、また自分を客観的に見るきっかけにもなりますく
メモ帳の種類については大きなノートよりはちぎったり出来る使い捨てのリング式のメモ帳のほうが使い勝手が良いでしょう

 

ボイスレコーダー

 

 

 

 

ボイスレコーダーもメモ帳と同じ用途で使用します。
メモ帳に比べると値段は少し高くなりますが、メモ帳と違って「人とのやり取り(会話)」をしっかり記録出来るのはボイスレコーダーならではの利点です。
鉛筆を持たずとも声で記録出来るのも便利。思いついたアイデア等の記録にも役立ちます。
今時分、携帯電話やスマートフォンでもボイスレコーダー機能がついてるのでそれらを利用するのも良いですが、使い勝手においてはやはり専用品のが上なので一つは持っておきたいところです。

 

整理用ボックスと書類ケース

 

 

整理用ボックスと書類棚はすでに持ってる人が大半だと思いますが、大切なのは置き場所であり、部屋の片隅にとりあえず置いておくのではなく、毎日必ず目にする場所に置くのが望ましいといえます。
貴重品や重要書類についてはさすがに下手な場所に置くわけにはいきませんが、それ以外のものは玄関や洗面所といった「普段必ず使用する」という所に設置するのも一つの案です。

 

タイマー時計

 

 

タイマー時計はその名前のとおり予め予定した時間が経過するとアラームで知らせてくれる時計ですが使い方次第ではとても役立つグッズです。
通常用途においては料理や風呂の見張り番として使えますし、ほんの少し仮眠する際の簡易的な目覚まし時計にもなります。
この手の管理グッズにおいても一元管理するのが望ましく、置き場所についても整理ボックスや書類ケースと同様、毎日の生活で必ず目にする場所に設置しておきたいものです。
目標時間をセットすると同時に何をセットしたのか?をメモ帳等に書いておけば記録の反復効果によって「」うっかり忘れ」の頻度は減らせると思います。

 

大きめのゴミ箱

スポンサーリンク