ADHDって遺伝するの??

ADHDって遺伝するの??

 

ADHDは親から子へ遺伝するものなのか?

 

おそらく多くの人が気になる質問だと思いますが、この問いについては、現在のところADHDを発症させる原因というのは正確にはわかっておりません。
ただ、一説には妊娠中のアルコールやタバコが一因になっているのではないか?という話もあります。

 

しかしながら、一つ分かっているのは家族にADHDやほかの発達障害を抱えている人がいる家庭では、本人もなんらかの発達障害をかかえているケースが多いということ、です。

 

つまり現時点でADHDは遺伝性のものである可能性が高いのではないか?というのが見解です。

 

ひょっとしたら、近視の人や糖尿病と同じく体質として子供や兄弟に引き継がれやすいのかもしれませんね。

 

ある双子の例

 

ADHDに限らず、発達障害そのものが遺伝的な要素が強いという見方ができます。
では、必ず遺伝するものか?と言えば、そうでもありません。

 

これは有名な話ですが、
とある双子の内、片方が発達障害であったのに対しもう一方の方は発症が見られるなかったという実例があります。
これは同じ細胞を共有しあって誕生した一卵生双生児にしても同じことが言えるそうです。

 

現時点、発達障害は遺伝的要素が強く関わっているであろうことは推測されますが、双子の実例から判断すればそれすらも一因のうちの一つでしかないことが伺えます。

 

発達障害に影響を与えうる要因例

 

・遺伝的要因
・環境的要因及び環境ホルモン
・感染症
・母親の妊娠中の喫煙や飲酒行為及びストレス行為

 

無論、憶測は様々です。
あるいは複合的要素が強いのでは?とする考え方もあります。
どのような理由で発達障害の子供が誕生するかは今のところ未知数の領域ですが、とりわけ母親の妊娠中の喫煙や飲酒行為は胎内いる子供にとって凄まじく悪影響を与えていることは確実です。

 

もし、あなたが女性であるなら、くれぐれも妊娠中の喫煙や飲酒は控えていただきたく存じます。

スポンサーリンク